Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

THE VACCINES

THE VACCINES

メンバー:Freddie Cowan (Gt) Pete Robertson (Dr)

インタビュアー:山口 智男

SUMMER SONIC 2012から約5ヶ月。UKギター・ロックの救世主と謳われるTHE VACCINESが早くも4度目となる来日を実現させた。東京公演の当日、本番前のSHIBUYA-AXの楽屋を訪ね、Freddie CowanとPete Robertsonにインタビュー。全英チャートの1位に初登場した2作目のアルバム『The Vaccines Come Of Age』について振り返ってもらいつつ、ライヴにまつわる2人の思い出やTHE VACCINESのライヴ観を聞いてみた。インタビューを始めたとたん、スタッフが出入りすると気が散るからとFreddieは楽屋のドアの鍵をしめてしまった。

-2ndアルバムの『The Vaccines Come Of Age』は全英チャートの1位に初登場するというデビュー・アルバムを上回るヒット作になりました。それから4ヶ月ほど、新作からの曲をライヴで演奏してみて、改めて『The Vaccines Come Of Age』は自分たちにとって、どんな作品だと感じていますか?

Freddie Cowan(以下F):アルバムって、それができあがるまでは自分が持っている全てを捧げ、必死になって作っているんだけど、おもしろいことにレコーディングして、ミックスとマスタリングが終わった瞬間、過去のものになると言うか、気持ち的にそこから離れてしまうと言うか。改めて聴きかえすってこともしないんだよね。

Pete Robertson(以下P):そうだね。作っていた時のスナップ・ショットみたいなもので、冒頭の音を聴けば、たちまちその頃に戻ることはできるけど、僕にとってもやはり、もはや過去のものって感覚が強いな。

-じゃあ、過去のものだというアルバムからの曲をステージで演奏するときは、どんな気持ちなんですか?

F:それはやっぱりね、2作目の曲のほうが技術的に難しいと言うか、手が込んでいるぶん、デビュー・アルバムの曲よりも喜びと興奮があるよ。それにデビュー・アルバムの曲は、もう何度もプレイしているからね。もちろん、演奏するたび新しい発見はあると言えば、あるんだけど、新曲のほうが断然、新鮮だよ。

P:2作目からの曲はデビュー・アルバムの曲とは違う新しいタイプの興奮を与えてくれるのさ。

-2人にとって過去のものになってしまった2作目のアルバムについて、いまさら質問するのも気が引けるんですけど、2作目ではJustin (Vo/Gt)が作る曲はより磨きがかけられるとともにバンドの演奏もさらに幅広いものになりましたよね。2作目のアルバムを作るとき、アレンジとかアンサンブルとかということについては、どんなテーマや目標があったんですか?

F:プロデューサーのEthan Johnsと最初に“ギター・ロック・バンドとして、ギター・サウンドをさらに追求しよう”って話し合ったんだ。スタジオでライヴ・レコーディングしたという意味では、作り方は前作と同じだったけど、アルバムが完成する頃には前作の頃とは違うレベルのギタリストに成長できたという実感があったね。

P:もちろん、まず曲ありきではあるんだけど、前作を作ったときよりもミュージシャンとして成長しているという気持ちがあったからね、バンド・アンサンブルにしても1人1人のプレイにしてももっと複雑なことができるってところをアピールしたいと思った。今の自分たちがどういうバンドなのかみんなに伝えたかったんだ。だから、それまでとは違うグルーヴやアンサンブルに挑戦した。そういう挑戦は「All In Vain」「Ghost Town」「Bad Mood」といった前作の頃とは違うスタイルの曲に反映されていると思う。

-2作目から自分でも“一番のプレイができた”という曲は?もちろん、全曲がそうだとは思うんですけど、敢えて1曲ずつ挙げるとしたらどれですか?

F:「Bad Mood」だな。

P:うん、僕も「Bad Mood」だね。

F:2作目のレコーディングも前作同様、1発録りだったんだけど、あの曲はすごいエネルギーとともに最高の瞬間を捉えることができた。きっと今聴き返してみても鳥肌が立つと思う。

P:1曲ずつって言われたけど、もう1曲、アルバムの(本編の)最後に入っている「Lonely World」も挙げておきたい。すごくエモーショナルで、繊細と言うか、今にも壊れてしまいそうなムードがある。最後はベースとドラムだけになるんだけど、レコーディングしているとき、危うくそれまでの演奏を台無しにしてしまいそうになりながらなんとかやり遂げることができた。そういう意味で、思い出に残っている特別な曲なんだ。