Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE TURQUOISE

2012年11月号掲載

THE TURQUOISE

メンバー:直江慶 (Vo/Gt) 小川博永 (Ba) 河野瞬 (Dr)

インタビュアー:伊藤 啓太

活動休止中のOCEANLANEの直江慶(Vo/Gt)つばきの小川博永(Ba)数々のバンドやアーティストのサポートをしてきた河野瞬(Dr)で結成された3ピース・バンドTHE TURQUOISEが1stミニ・アルバムをリリースする。日本のインディー・ロック・シーンでは名前が浸透している彼らだけに、期待値は相当高かったが、蓋を空けてみればピュアなロックへの熱をそのまま体現したかのようなソリッドなロック・サウンドが繰り広げられている。今正に産声をあげ、これから大きなフィールドに挑戦しようとしている彼らに話を訊いた。

-まず結成の経緯を教えていただきたいのですが?

直江:僕はOCEANLANEとして活動していたんですけど、去年いっぱいで活動休止になって、丁度その休止を発表する前あたりからOCEANLANEとしてもライヴをやってなかったので、アコースティックでソロとして歌ったりしていて。その中のタイミングで瞬と同じライヴで知りあう機会があって。その時の打ち上げで今度一緒にやろうかって言う話をして、次のライヴの時に一緒にやったんです。練習もせずにライヴをしたんですけどフィーリングが凄く合って。彼はずっとサポートを中心にやっていたので彼も“自分のバンドをやりたい”っていう話をしていて。僕もOCEANLANEが今後どうなるかわからないっていう状況だったんですが、このままバンド活動を辞めるっていう考えはなかったし、続けたいと思っていたので一緒にやろうかっていう話をしていて。でも話のまま月日が過ぎ去っていったんですよね。僕は同時にIVORY7CHORDっていうバンドでサポートをやっていたので、そのサポート活動が今年前半は忙しかったのもあって。そのツアーの初日だったかな?IVORYと同じレーベルのバンドでnano sound museumっていうバンドが一緒で、小川君がレギュラー・サポートでやっていて。久しぶりに再会して近況を話していて“今ベースいないんですよね”っていう話をしていたら、小川君が“良かったらベース弾くよ”って気軽に声をかけてくれて。その日にnano sound museumを初めて見たら小川君が凄く目立っていて。

-小川さんはnano sound museumの時のプレイは凄く躍動感がありますよね。

小川:そうですね(笑)。

直江:つばきの時の印象が頭にあったんですが、こっちの方が視覚的にはかっこいいなぁと思って、勿論音楽的にどっちがどうだっていうのでは無いんですけど。佇まいが凄くかっこよくて。スリーピースという形態で10年もやってきてるから、ほんとこなれてる感じがして。

小川:こなれてる(笑)。

直江:こなれてるって失礼か(笑)。それで“ベースやるよ”って言ってくれたのが凄く頭の中に残ってて。それからまたIVORYのツアーに2ヶ月くらい出ていて、そのツアーの途中にGINGER WILD HEARTSが来日するんだけど、オープニングを新しいバンドでやらないか?っていう誘いがあって。その時にデビューしようかっていう話になって、完全に見切り発車で(笑)。

-じゃあ入念に準備してその時を待っていたというよりは、もうやるって決めてから制作を始めていった感じなんですね。

小川:そのライヴが6月だったんですけど、それに向けてベースやってくれませんか?っていう連絡が慶くんからきたので、じゃあやるよって言って。その時はサポートっていう形だったんですけど。

直江:丁度ゴールデンウィークで。僕はもうタイミング的には小川君しかいないと思って(笑)。

小川:それでリハとか入って。台風の日だったんですけどTHE TURQUOISEっていうバンド名もライヴで発表して。とりあえずその時はサポートっていう感じだったんですが、後日打ち上げみたいな感じで飲んでた時に、是非やってくださいという話があって。自分も是非やりたいなって思っていたのでそこでメンバーに入りました。

-直江さんに誘われたタイミングで、こんな音を出していきたいっていう話はあったんですか?

小川:とりあえず、バンドをやりたいっていう話を対バンした時に聞いていて、まぁどういう音楽をやっているって話はしていないんですけど(笑)。実際音源を送ってもらって聴いて“もろ洋楽だな”っていう印象でした。俺もつばきが活動休止して、nano(nano sound museum)とつばきフレンズだけでやっていたんですけど。つばきをやっている時から別のバンドとかもやってみたいなと思っていたんですよね。やりたい音楽がTHE TURQUOISEに近かったというか、つばきはけっこう歌モノなんですけど、ロックな感じの音はやってみたいなと思っていて。