Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Galileo Galilei

2012年11月号掲載

Galileo Galilei

メンバー:尾崎 雄貴 (Vo/Gt/Syn/Prog) 佐孝 仁司 (Ba/Gt/Syn/Prog) 尾崎 和樹 (Dr/Gt/Per/Rhythm Machine/Syn/Prog)

インタビュアー:沖 さやこ

今年1月、挑戦作とも言うべき2ndアルバム『PORTAL』をリリースしたGalileo Galileiからコンセプチュアルなミニ・アルバム『Baby, It's Cold Outside』が届いた。昨年活動拠点を札幌に移し、メンバー全員で共同生活をし、自宅ガレージに"わんわんスタジオ"を設立。『PORTAL』で炸裂した音楽への探究心、"自らがやるべき音楽"に向かい合うがゆえに生まれた苦悩、楽曲制作、岩井郁人と野口一雅の脱退など、メンバー3人はすっきりとした面持ちでしっかりと語ってくれた。

-『PORTAL』のときにインタビューさせて頂いたとき、雄貴さんは"これからはもっと修行をしたい"とおっしゃっていましたね。第1の修行の場は『PORTAL』のワンマン・ツアーだったと思うんですけど、新たなスタートを切ったあのアルバムの楽曲を人前で演奏してみていかがでしたか?

雄貴:『PORTAL』までは絶望的っていうぐらいに自分たちの音楽性に自信がなかったんで、ツアーをやるまではライヴが怖いものだったっていうか。自分たちの音楽が"ただのJ-ROCKやん"って思ってたし......それは別にJ-ROCKが良くないってわけじゃなくて、自分たちのやりたいことじゃなかったって意味で。でもどんだけやってもなかなかそこから脱しなくて"やっぱり俺らってセンスないのかな"って。ライヴとかツアーって、自分の曲に自信とか、胸張って伝えたいって想いだったりが強くないと、しんどいものだったりして。だから『PORTAL』以前のツアーやライヴは、お客さんに会いに行くとか、そういう意味合いを持たせて行ってたんです。だけど『PORTAL』のツアーのときは、お客さんの層が変わったのか、お客さん自身の心境の変化かは分かんないんだけど、今までとはお客さんの聴き方が違ったなって感じて。自分たちの気持ちもお客さんの雰囲気も変わってきていることを感じたツアーだったなって。

-どういうところが"違う"と感じましたか?

雄貴:前は例えば......MCを待ってたり、和樹が前に出てきて"わぁ!"ってやるの待ってるっていうか(笑)。曲間とかで"ここで何かやってくれないかな"ってもぞもぞ待ってたり。......結成当初の曲をやらないと終われない空気っていうか(笑)、そういうのがあって。俺らは......正直、ぶっちゃけやりたくないのに。でも『PORTAL』のライヴには全然それがなくて、『PORTAL』を聴きに来てくれた感じがあって。俺らも結構ネットとかチェックするほうだから"『PORTAL』以前の曲をもっと聴きたかった"っていう意見をネットで見たりすることはあったんだけど、それも......前みたいに"昔の曲をやってほしかった、知ってるガリレオじゃない"みたいな意見はなくて。凄く知りたいところなんだけど、そういう人っていなくなったのか、考え方や受け取り方が変わったのか。気になるところではあります。

-確かに。でも、Twitterを見ていると、変わった方々も結構多いと思います。

雄貴:例えばTwitterだと、前までは"カレー作りなう"ってつぶやいたほうが(フォロワー)みんな燃えてたんですけど(笑)。今は音楽のことをつぶやいたときに反応してくれる人とか、ガリレオを見て宅録を始めた中学生くらいのバンドマンの子とかが"ソフト何使ってるんですか?"とかいろいろ訊いてくるんですよ。そういうのが俺らにとっては凄くでかいことで。俺らが伝えたいことが伝わってて、ちゃんと対話出来てるのがめちゃめちゃ嬉しい。それは『PORTAL』を出して、それを引っ提げてツアーをやったからなのかなって感じてて。だから凄く成果は感じてます。

-佐孝さんと和樹さんは『PORTAL』ツアーいかがでしたか?

佐孝:1stアルバムのツアーは初めてのツアーで、周りの人たちが全部準備して、その人たちに教えてもらった感じで。でも『PORTAL』のツアーはこっちから"こういう風にしたい"って提案できたんです。『PORTAL』の曲を聴いてくれるお客さんに伝えるために"こういう音作りにしてみたらどうかな"とか"こういうライヴ・アレンジにしてみよう"って作業をたくさんして、PAさんと"こういう音感にしたいんですけど検討してもらっていいですか?"とか何度も話し合って。行くまでは不安だったんですけど"一発やってやるぜ!"って気持ちは凄く大きくて。お客さんは男の子が増えてて、俺らがフェスとか海外のバンドのライヴに行って気にするようなことを気にしてる子がちらほらいて。前のほうで、俺らの顔ではなく手元とかプレイとか、どういうエフェクター使ってるのかなって観察をしてたんです。それは単純に、バンドをやってる者として嬉しかったですね。そういう人がいっぱい増えてくれたらいいなって思います。ツアーは凄く手ごたえもあったし、反省点もいっぱいあったし。でも次に繋がる感じがしっかりあって、そのまま研究期間に入ったので凄く流れが良かったですね。楽しかったです。

和樹:『PORTAL』のツアーはほぼ全曲新しいアルバムのセットリストで、昔のガリレオをあまり見せず、ニューでホットなガリレオを前面に押し出して見せるライヴに挑戦して。最初、セットリストを考えたときは"何で昔の曲やってくれなかったんだ!"みたいな批判的な意見が結構来るかなと思ったんですけど、やってみたら案外......そういうのは来なかったっていうか。ガリレオの新しい立ち方を、ライヴで感じて理解してくれたっていうか。ライヴで俺たちのやり方ややりたいことがちゃんと伝わったのかなって感じたんで、ライヴの見せ方として正解だったのかなって思ってます。俺たちと一緒にファンの人たちも音楽的に成長できてるのかなって思ったりもして。