Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

indigo la End

2012年04月号掲載

indigo la End

メンバー:川谷絵音 (Vo & Gt)

インタビュアー:矢島 大地、伊藤 啓太

4月11日、SPACE SHOWER TVの新レーベル“eninal”からデビュー・ミニ・アルバム『さようなら、素晴らしい世界』をリリースする indigo la End。鋭く光るオルタナ感と極上のポップ・ネスを内包したギター・ロック・サウンド、そして現実と非現実の狭間を行き来する無二の世界観の歌詞。フロント・マンでありソング・ライターの川谷絵音(Vo&Gt)、音楽の歴史に1つ目の傷を付けようとしている今、彼が語ったものは?

-まずバンド結成の経緯やそのきっかけ等をお聞かせ願いますでしょうか。

もともと大学のサークルでバンドを組んでいたのですが僕以外が全員辞めてしまったんです。それでネットで募集を出して、もともと全然知らなかった人達と組んで……そのまま今まできているという感じです。

-もともと、バンド結成前からオリジナルの楽曲を書かれていたんですか?

自分だけではずっと曲を作っていて、バンドとして製作したのはindigo la Endが最初だと思います。

-川谷さんを含め、皆さんはどういう音楽が好きで集まられたのでしょうか。

最初がネットを介してだったので、特に一緒のものが好きというのは無いんですが……実はみんな何を聴いているのか僕も知らないんです。僕はもともとゆらゆら帝国が好きで、WHITE STRIPES、RADIOHEAD、とその3つが根本にあるものだなと思います。

-toeの美濃さん(美濃隆章、今作のレコーディング/ミキシングエンジニア)と一緒にやられてみて、いかがでしたか?

けっこう、いい意味で適当でした(笑)。ゆるい雰囲気でレコーディングは進みましたね。印象に残ったのは……“適当でいいよ、味になるからミスとかも気にしないで”と言われて。

-作詞や作曲は川谷さんが手がけられていますが、その製作自体はどんな流れなのでしょうか。

もともとは弾き語りで作って、それをバンドに持っていって、バンドの皆で形にしていく感じですね。歌詞は後、なんです。スタジオで適当に歌っているところから広げていったりとか...。歌詞を思い切り考えてから、というのはあまり無いですね。

-大きな船出となるリリースだと思うんですが、アルバム・タイトルでまず“さようなら”と告げてしまっているところにびっくりしました。

春であるところとか、1枚目であるところは全く気にはしていなくて。最後に入っている「素晴らしい世界」という曲がこのアルバムのまとめになっているので、それだけを考えてタイトルをつけたんです。そしたら、“さようなら”という感じになりました。

-素晴らしい世界に対してさようなら、と告げているのは、川谷さんにとっては前向きな思いなんですか?

周りの人から見れば前向きなものなのかもしれないんですが、僕にとっては、特に前向きではないかな……。最後の歌詞で“大丈夫そうだ”と歌っているので、確信とかそういうものではなく“大丈夫かも”ぐらいの、けっこうフワっとしたものですね。

-「素晴らしい世界」の“帰る場所はあるけど帰りたい場所はない”という一節が印象的でした。

すごく歌いたかったとこで。だからその部分ではコーラスを重ねて。あの曲は浅野いにおさんの『素晴らしい世界』という漫画を読んで、感じたことを書いた歌詞なんです。

-とにかく堂々とした今作を聴いて、ライヴに行きたいと思われる方はより増えると思います。新しく出会っていく人に対して伝えたいことやメッセージはありますか?

誰かに何かを言いたい、というのは……あまり無いかもしれないです。自分の為に音楽をやっているから。自分が好きなものを作っているし、歌いたいからライヴをやるし、それを聴きに来てくれる人がいるのは“二次効果”と思っていますね。

-ではライヴが楽しい!という瞬間というのは。

楽しいと思うときはあまりないのかもしれないです。ライヴってあまり覚えていなくて。気付いたら終わっていることが多いんです、メンバーはどうか分からないですが。ライヴを観られた方は分かると思うんですけど、MCの雰囲気とかはけっこうゆるくて。歌う場があるから、歌う、っていうそれだけなんです。