Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE UNIQUE STAR

2012年02月号掲載

THE UNIQUE STAR

THE UNIQUE STAR

Official Site

メンバー:エバタヒロカズ(Vo&Gt) tomo(Gt&Vo) カワダヒロシ(Ba) マツイリカ(Dr)

インタビュアー:遠藤 孝行


-THE UNIQUE STARのサウンドの魅力の1つとして、静と動のコントラストの美しさがあると思うのですが、今作もドラマティックな展開の楽曲が多いですね。サウンド面で今回こだわったところ等あれば教えて下さい。

エバタ:この曲に対してこの音、という意味合いを強く意識出来たと思います。あとは絶対的に"聴感的にかっこいいか"ですね。これはロック・バンドの生命線だと思うので。

-今作のレコーディングの雰囲気はいかがでしたか?苦労した点などがあれば教えて下さい。

マツイリカ:レコーディングの雰囲気は、いつもと同じ感じでしたよ。機材車に乗り込んだ時から(笑)。tomoの柔らかい"おはよー"から始まって、最初はみんな元気なんですけど、中盤に空腹との戦いがあって、後半は残りの時間の焦りと眠気との戦い(笑)。でも緊張感の中に笑いもあるので、ガチガチではないですよ。ただ、今回曲を作ってからレコーディングに入るまでの時間がいつもより短かったので個人的にはバタバタしましたね。その場でフィルを変えた部分もあったり、逆に絶対ここはこう叩きたいってゆうフィルが中々叩けなくて、ヘッドフォンごしにOKの一言が聞けるまで、ブースで1人もがいてました(笑)。

-エモーショナルな男女ツイン・ヴォーカルもまた、THE UNIQUE STARの魅力1つだと思います。ヴォーカルの部分で特に大事にしている部分があれば教えて頂きたいです。

エバタ:ツイン・ヴォーカルに対してあれがああで、これがこうでと難しく考える事はあまりないですね。ヴォーカルに対しては、自分の中では直感というものが大部分を占めているので、言葉にするのが少し難しいです。

-昨年12月には本誌が主催する"Skream! EXPO-03-"にご出演頂きました。とてもエネルギッシュで素晴らしいライヴだったと思うのですが、その時のライヴはいかがでしたか?

エバタ:あの日はありがとうございました。EXPOという響きにワクワクしていたのを覚えています。

-2月からは"VS"と銘打った自主企画2マンがスタートします。意気込みなどありましたら教えて下さい。

tomo:ステキなバンドとの2マン。でもでも......VS!!戦いは戦いなんで、勝ちにいきます (笑) !

-今お勧めするバンド、今の若い音楽ファンに聴いて欲しいというアーティストがいたら教えて下さい。

エバタ:THE UNIQUE STARは良い感じでしたよ(笑)。あとは個人的には最近NIKIIEの『notes』をよく聴いていますね。一青窈さんと徳永英明さんが一緒に歌っている「ハナミズキ」もとても素晴らしいです。邦楽を聴くことが増えて来ましたね。

-最後に今後の展開を含め、ファンの方々にメッセージをお願いします。

tomo:キメにかかります。よろしくです!