Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

2018年02月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

ハク亜キッズ

Official Site

『Skream!』と『激ロック』を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。今月は、明るい楽曲と切ない歌詞のミスマッチ感が特徴の東京発4人組脱力系ポップ・バンド"パステル"、救いようのない歌詞とツイン・ヴォーカルを浮遊感のあるギター・サウンドで昇華する"しののめ"、生活感漂う歌詞とノスタルジックな楽曲、伸びやかなヴォーカルが支持を集めている"ハク亜キッズ"、ストレートなロック・サウンドにひりひりとした歌声で熱いライヴを展開する4ピース・オルタナティヴ・ロック・バンド"BACKDAV"。個性溢れる4組を要チェック!


パステル

2015年に結成し2016年1月より本格的に活動を開始した、たくみ(Vo/Gt)、りくと(Gt)、春(Ba)、ユウサク(Dr)の東京発4人組脱力系ポップ・バンド。"雨のち晴れ模様"を看板に掲げ、明るくポップな楽曲と"一離"をテーマに描く切ない歌詞のミスマッチ感、そしてヴォーカル たくみの歯に衣着せぬMCが特徴的。これまでに4枚のシングルをリリースし、今年3月17日には、自身初のワンマン・ライヴを活動拠点である下北沢にて決行するなど、現在注目の若手バンドのひとつ。


パステル「ピースサイン」MV


しののめ

"和製LOW"か"札幌サウンドのsyrup16g"か。現代の日本のバンド・シーンでは明らかに異質な東京の3ピース。ひたすら鬱と混沌。しかしポップ。救いようのない歌詞とツイン・ヴォーカルの相反する歌声が浮遊感のあるギター・サウンドで昇華され、聴く者を現実と非現実の狭間にいるような感覚にさせる。2月25日に初のフル・アルバム『ロウライト』をリリース予定で、表題曲のMVを公開中。リリース当日には、下北沢LIVEHOLICにてリリース・イベントを開催予定。


しののめ「ロウライト」 Music Video


ハク亜キッズ

2013年5月、大学の軽音楽サークルにて結成。都内で活動中の男女ツイン・ヴォーカル4人組バンド。メンバーの留学により、2016年11月に1st EP『GO! KIDS GO!』(※初回制作分100枚は完売。現在はDL販売中)を発表後はバンドでの活動を休止していたが、2017年秋より活動を再開。マイペースな活動ながら、生活感漂う日本語歌詞とどこかノスタルジックな楽曲、伸びやかなヴォーカルが、幅広い年代から支持を集めている。2月11日には下北沢LIVEHOLICへの出演を控えている。


白亜紀に帰ろう - ハク亜キッズ


BACKDAV

2016年10月結成の4ピース・オルタナティヴ・ロック・バンド。翌年3月より都内を中心にライヴ活動を開始。90年代ロックを基調としたストレートなロック・サウンドに、エモーショナル且つキャッチーなメロディ、ヒカル(Vo/Gt)のソリッドでひりひりとした聴く者の魂を震わせる声を武器に熱いライヴを展開する。活動開始と同時にデモ・シングルを、2017年11月には1st EP『サナギ』をリリースし、レコ発企画で成功を収める。12月にはリード曲「Velonic」のMVを公開した。


BACKDAV -「Velonic」【Music Video】

  • 1