Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

2016年06月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

Float down the Liffey

Official Site

The Gingerbread Man

Official Site

イーストワード

Official Site

『Skream!』と『激ロック』を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。第9回となる今回は、日常に少しのロマンチックを重ねたような独自の世界観を耳馴染みの良いメロディに乗せて届ける4ピース"イーストワード"、男女ハイトーン・ヴォイスが織りなす甘いメロディと情熱的なギター・サウンドを融合させる"Float down the Liffey"、アコースティック・サウンドにデジタル要素をプラスした軽快且つ繊細なサウンドを奏でる3ピース"hello glasgow"、マス・ロックやエモに影響を受けたテクニカルな演奏が特徴の4人組歌モノ・ロック・バンド"The Gingerbread Man"。個性あふれる4組を要チェック!


イーストワード

2012年、宮城一幸(Vo/Gt)を中心に都内にて結成された4ピース・ロック・バンド。2014年6月に初のミニ・アルバム『ナイトライダー』をリリースし、初企画"眠りの森の夜"を開催。2015年10月には会場限定シングル『月の姫君』を発表。日常に少しのロマンチックを重ねたような、宮城独自の世界観に沿ったバンド・サウンドと耳馴染みの良いメロディが、ありふれた言葉で綴った物語を彩り、リスナーに語りかけるようにして届けられている。


イーストワード【月の姫君】MUSIC VIDEO


Float down the Liffey

2011年、イチカワ(Gt/Vo)を中心に結成。現編成となった2014年以降、2枚の音源『ソレイユ/indigo sunset』、『Glider e.p.』をリリース、さらに自主レーベル"McFly Records"にてコンピレーションCD『Hello! Anybody Home?』の制作を行う。イチカワとタマキ(Ba/Vo)の男女ハイトーン・ヴォイスが織りなす甘いメロディと、情熱的なギター・サウンドの融合により生まれる多彩な楽曲を武器に活動している彼らは、現在、新作リリースに向け楽曲を制作中。


hello glasgow

2010年結成。アコースティックなサウンドに、シンセ、打ち込み、サンプリングなどデジタルな要素をプラスした、軽快且つ繊細なサウンド・プロダクションが特徴の3ピース・バンド。東京・下北沢を中心にライヴ活動を展開中。メンバーそれぞれが複数パートを担当し、インディー・ダンス経由のダンサブルな楽曲の上に、THE SMITHS系譜のロマンチシズムな声色の歌を乗せ、東京インディー・シーンにおいて独自の音を鳴らしている。


The Gingerbread Man

2015年4月、東京・八王子にて結成された4人組歌モノ・ロック・バンド。渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた10代限定イベント"TEENS ROCK FESTA 2015"決勝大会にて、結成からわずか4ヶ月にもかかわらず審査員賞を受賞した経歴を持つ。マス・ロックやエモに強く影響を受け、変拍子やテンポ・チェンジなどを多用したテクニカル且つエモーショナルな演奏が特徴。現在、ライヴ会場限定で1stシングル『secondary pollution』を販売中。


The Gingerbread Man "secondary pollution" MV

  • 1