Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

2016年02月号掲載

愛泥C

Charisma.com

『愛泥C』

Release Date : 2016-03-02
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
¥0

MC いつかとDJ ゴンチによる現役OLエレクトロ・ヒップホップ・ユニットの2ndミニ・アルバム。その舌鋒はますます鋭く冴え渡っており、ダイエットを口癖にしながら実行できない人間に痛烈にツッコミを入れるTrack.1「サプリミナル・ダイエット」、クレーマー消費者へ向けた痛快なTrack.5「GODcustomer」、自撮り女子に強烈な"ディス"を送るTrack.8「自撮ーる」など、テーマとなっているのは自己愛に満ちた人々。核心を突いたリリックに耳が痛い人も多いと思うが、キャッチーなサビメロとエレクトロ・サウンドが融合したTrack.2「骨抜きに恋して」やダンサンブルなTrack.7「ベルサッサ」といった楽曲で聴けるサウンドは理屈抜きにカッコいい。TOWER RECORDS限定盤にはもう1曲追加収録。その曲名は「豚」! (岡本 貴之)

一見、キラキラしたリア充女子も、年がら年中、恋バナをしてる女子も、どうも他者への愛じゃなく、それって自己愛の塊なんじゃ?という場面に遭遇すること多くないですか? そこに違和感を持つあらゆる人は痛快な気分に、そして若干、自分ごととして刺さる女子のみんなさえ踊らせる、それがCharisma.comの許容量なのでは。テーマが愛や恋なぶん、歌詞はさらに攻撃的になりつつ、トラックはバキバキの四つ打ちエレクトロ以外にも大きくウィングを広げた本作。ゆったりめのBPMが歌詞のアグレッシヴさを強調するTrack.1、ミニマル・ファンクが今っぽいTrack.2、ダークで冷淡ですらあるR&BのTrack.8など、サウンドが洒脱になればなるほど、内容が刺さるという展開に唸りながら笑うしかありません。(石角 友香)