Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

The Sound

weave

『The Sound』

Release Date : 2013-08-07
Label : FURTHER PLATONICS RECORDS
¥1,944

"何でもあり"も大歓迎。しかし、スクリーモ以降、それが行き過ぎてしまったため、何が何だかわからなくなってしまったエモの原点や本質を、横須賀の4人組weaveの1stアルバムに見出すリスナーは少なくないはずだ。静から動へ、動から静へという起伏を作り出しながらもほぼミッドテンポで押し通した全11曲。"何でもあり"ではないところに自分たちの表現に対する自信と確信が窺える。叫ぶわけでも唸るわけでもない。過剰な泣きがあるわけでもない。アクロバティックな演奏で驚かせるわけでもない。とことん研ぎ澄ました演奏はストイックの一言に尽きるが、作り手の情熱、美学、哲学をしっかりと伝えている。ビューティフル・エモなんて言葉も思い浮かべたが、考えてみればエモとは元々、美しい音楽ではなかったか。彼らのアルバムを聴き、そんなことも思い出したのである。(山口 智男)