Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十四回】

2017年08月号掲載

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十四回】

こんぬつは。8月ですか。きっといい感じに暑いんでしょう。これを書いてる7月中旬、梅雨明けしてないのにガンガン太陽頑張ってますよ。多分このままヌルッと梅雨明けでありましょう。基本夏は好きなんでいいんですけども。いいんですけども、この時期はランニングがきつい。
 
あ、私アラフォーということもありまして、体力作り的なノリでランニングを3年くらいしてるんです。年間1000キロを走るのを目標にトットコ駆けているんです。いや、ほんと夏の日が昇ってる時間のランニングはちょいとヤバさを感じるところであります。距離もあんま走れないもんです。春、秋は気持ちいいんですけどね。冬は走り出すまでの「なんかランニングのウエアをたくさん着込んで、このクソ寒い外に飛び出す"めんどくささ"VS 自分」との戦いに勝利して走り出して2キロくらい頑張ったらあとは楽に走れるんですけどね。
 
なんてことはどうでもよくて、走るときに私はラジオを聴くのが好きなんですよ。走りはじめた3年前は好きな音楽のプレイリスト作ったりもしたんすけど、ツアー先のある日携帯のアプリに入れてたradikoで地元ローカルの番組聴きながら走ったら楽しくて。なんか地元のイベントの話や出来事、リスナーからのメールとかのやりとりを聴きながら、その地元を走ってるとすごいその町に自分が同化できてる気持ちになって、その日のライブにすっと入っていけてよかったんす。
以降「走るときはラジオ」。が自分の中で定着、地方に行けばその地元のラジオ、東京に居れば好きな番組を聴きながら走ってます。
ラジオのいいところは自分の知らない、でも若者に流行ってる曲や、「タイトルは知らない」けどサビきたら懐かしい!ってなる曲や、普段なら触手を伸ばさないであろうジャンルの曲とか、色々かかるからいいんだよな。ほんでパーソナリティーのトークもあるし、ニュースや天気や時事ネタまで走りながら知れたり。
 
ほんで最近はラジオ番組を1週間以内なら遡って聴ける「タイムフリー」とか、月々ちょいと課金すれば日本全国のラジオが聴ける「エリアフリー」とか便利過ぎる機能もついてるしね。だから東京にいながら広島のラジオ局のカープ中継を聴きながら走ることもできるし、もちろん走らなくても移動中とかにもラジオを聴きまくってる次第であります。
 
やっぱりラジオってちょうどいい距離感で接する事ができて私には必要不可欠なアイテムなんです。ながら聴きもできるし、いろんなヒントももらえる気付きもあるし、単純に楽しいよね。
 
と、話は変わっていきましたが、なんと我々バックホーンはメンバー全員がラジオ番組やってるんですな~!!(笑)ボーカル山田は茨城で、ドラム松田は宮城で、私とギター菅波は広島で。詳細は調べてもらうとして、いや、スタッフが下に情報を載っけてくれているでしょう!ほんで、さっき書きましたよね!日本全国から聴けますから!エリアフリーで!と宣伝もねじ込んだところでみなさん夏のフェスや、イベント、ラジオの番組やこのコラムでまたお会いしましょう!ほいじゃ~の。
 
岡峰光舟(THE BACK HORN)
 
▼THE BACK HORNレギュラー番組情報
IBS茨城放送"よかっぺらじお"
■放送日:毎週水曜日20:00-20:30 <山田将司レギュラー出演>
 
Date FM"松田晋二の夜更けの囁き"
■放送日:毎週土曜日24:30-25:00 <松田晋二レギュラー出演>
 
広島FM"Rock It Out!"
■放送日:毎月第4日曜日18:00-18:30
"Rock It Out!"内10分コーナー <岡峰・菅波レギュラー出演>