Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

アルカラの「ぐるぐるムニムニ化計画」【第27話】

アルカラの「ぐるぐるムニムニ化計画」【第27話】

Written by 稲村太佑(Vo/Gt)
2018.01.16 Updated

あけましておめでとうございます。アルカラ稲村太佑です。おっす!今年も張り切っていきましょうー! 先日、長崎の名店「きっちんせいじ」が2017年12月でもって閉店。51年の歴史に幕を下ろした。このお店は路面電車を使った外観で、トンカツ、カレーピラフ、スパゲティーとキャベツを一皿に彩った「トルコライス」が有名で、なんと言っても自家製のマヨネーズが素朴なようでいて深みのある味わいでそれがまた好きだったな

ヒトリエの「グルメトーキョー」【第22回】

ヒトリエの「グルメトーキョー」【第22回】

Written by ゆーまお
2018.01.12 Updated

お世話になっております。ゆーまおです。 ついこの間、2017/12/6にヒトリエは新しいミニアルバム『ai/SOlate』を発売しました! ヒトリエの過去と現在、そして未来想像図をギュッと一つの作品に詰め込むことができたと思います!とてもわかりやすく纏まりのあるパッケージングに現状満足いくものが作れたのではないかと!聴いてくれた人はありがとう! まだの人は、是非聴いてみて!! 最近はSTAR WA

indigo la End 長田カーティスの「月刊長田」VOL.18

indigo la End 長田カーティスの「月刊長田」VOL.18

Written by 長田カーティス
2018.01.11 Updated

新年明けましておめでとうございます。 僕です、2018年の長田カーティスです。2018年になったという事は三十路まであと3ヶ月を切ってしまったということですね。昔の僕の人生設計的には、大学を卒業してそこそこの企業に就職して23歳で結婚して子どもは2人、男の子ならバイオリンを弾かせ、女の子ならピアノを弾かせ、ギターだけは絶対に触らせず奥さんより先に老衰で死ぬ、って予定だったのに、相変わらず東京でふら

9mm Parabellum Bullet  滝 善充の「滝工房~初級編~」【第4回】

9mm Parabellum Bullet 滝 善充の「滝工房~初級編~」【第4回】

Written by 滝 善充
2017.12.19 Updated

「俺は軽トラ 初級編」 滝です。 なんと、わたくし滝 善充はつい先日運転免許を取得しました。今までよくもまあ運転もできずにバンドなんてやってこれたものです。これまで、やれツアーだ、やれ録音だ、やれ運転できないからお酒飲んじゃった、等々、様々な局面で仲間たちにお世話になりっぱなしで生きてきましたが、ここで年貢の納めどき、ということでしょうか。これで今までの恩を誰かに返していければ幸いです。 去年から

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第15回】

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第15回】

Written by 空想委員会
2017.12.19 Updated

三浦の格言 「できない理由のせいにしない」 元々自分の意見を押し通す性格ではないからなのか、会社員として働いていた時間が長かったせいなのかはわかりませんが、やりたいことがあっても何か壁にぶち当たるとすぐに諦めてきました。せっかく自分が面白いと思えるアイデアがあるのに捨てたものが沢山あります。 しかし、実現が難しそうなことこそが本当に面白いことなのだと最近思うようになりました。アイデアは周りの人の

a flood of circle 佐々木亮介の「ディグ・ディグ・ブルース」【第15回】

a flood of circle 佐々木亮介の「ディグ・ディグ・ブルース」【第15回】

Written by 佐々木亮介
2017.12.19 Updated

第15回 ザブの仕事編Episode2 今年10月22日、ロンドンのメトロポリス・スタジオ出身エンジニア=ザヴィエル・スティーヴンソン(通称ザブ)が昨夏に続いて再び単身来日した。翌日から俺たちは目黒にあるモウリアートワークスというスタジオに篭り始め、そのままほとんど一気に1ヶ月ほど作業を続けた。今これを書いているのは、彼との2度目のレコーディングを完了した直後である。 約1年振りに再会したザブは相

シナリオアートの「ノウナイランド」【第21回】

シナリオアートの「ノウナイランド」【第21回】

Written by ハットリクミコ
2017.12.18 Updated

こんにちわ~!ノウナイランドへようこそ! シナリオアート Drum & Vocal ハットリクミコです! 2017年最後のコラムとなりました。寂しいね。いや、なにより1年って早いね。読んでくれたみなさんと、今年も連載させてくれたSkream!さん、ありがとう!来年もみなさんどうぞこのノウナイランドと、我々シナリオアートをよろしくお願いいたしますー!! さてさて今回もさっそくいきましょうか。 『お友

ハルカトミユキの「伝言ゲーム」【第27回】

ハルカトミユキの「伝言ゲーム」【第27回】

Written by ミユキ
2017.12.16 Updated

Skream!をご覧の皆様こんにちは、ハルカトミユキのミユキです。 最近のハルカトミユキは、溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く~種~が無事終わり、11月14日には結成5年を迎えました。 いつもハルカトミユキを応援して頂きありがとうございます。 そして、最近の私は年末年始に大好きなアーティストのLIVEがたくさんあり、嬉しすぎてにやにやが止まりません。 この想い、誰かに伝えたい。と

cinema staff 「萌えもemo」【第34回】

cinema staff 「萌えもemo」【第34回】

Written by 辻友貴
2017.12.15 Updated

前回も書きましたが、やはり外で呑むイベントというのはまた格別お酒がおいしくなる。ということで寒くなるギリギリのタイミングで念願の「たぬきや」へ行ってまいりました。神奈川県川崎市の稲田堤駅から10分くらい歩いた多摩川の河川敷にある酒場です。海の家ならぬ、川の家。昼間から営業するこのお店、店内にはテーブル席、小上がり畳席、外にもベンチ席があり、レジで注文してその場でお会計、料理は後で持ってきてくれるシ

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十六回】

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十六回】

Written by 岡峰光舟
2017.12.14 Updated

どうも。10月半ばからの雨やら台風やらのなんだかよくわからない秋ももう終わりですか。我々バックホーンはその長雨、台風直撃直前の10月21日に日比谷野外大音楽堂でワンマンを行いました。ドラム松田曰く「この雨、台風が続く中、寧ろこの天気はラッキー!」という小雨、たまに降り止む感じで幻想的な雰囲気だったんすよ。来年20周年なんでオールタイムベスト的なライブはまだまだあるでしょう!多分。   そして一転、