Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

夜の本気ダンス 米田貴紀の「ディスク男(マン)!」【第9回】

夜の本気ダンス 米田貴紀の「ディスク男(マン)!」【第9回】

Written by 米田貴紀
2017.07.11 Updated

■KASABIAN / EMPIRE UKはレスター出身のロックバンドが2006年にリリースした2ndアルバム。 1stアルバムに収録されたキラーチューン"Club Foot"により人気を獲得した彼らが、さらなる飛躍を目指した作品である。 KASABIANはゼロ年代にデビューしたUKバンドの中でも1番スタジアムが似合うロックバンドだと思います。圧倒的なスケール感と誰もがシンガロングできるメロディの

indigo la End 長田カーティスの「月刊長田」VOL.15

indigo la End 長田カーティスの「月刊長田」VOL.15

Written by 長田カーティス
2017.07.10 Updated

僕です。6/23、約8ヶ月振りにindigo la Endとしてライブして来ました。 いやーものすごく緊張した。あんなに緊張したのは友人の結婚式で一曲披露した時以来でしょうかね。(この文章は6/23の前に書かれたものです。) 7/12にindigo la Endの新しいアルバム「Crying End Roll」が発売になります。 9月にはツアーも決まっているし楽しい事だらけ。皆んなも楽しみにしてて

9mm Parabellum Bullet  滝 善充の「滝工房~初級編~」【第1回】

9mm Parabellum Bullet 滝 善充の「滝工房~初級編~」【第1回】

Written by 滝 善充
2017.06.20 Updated

滝です。 実家に帰りスタジオで曲を作っています。曲を作るスタジオの外では父が機材を入れる倉庫を作ってくれています。曲は9mmのものではないですがみなさんお楽しみにです。先日、長年使ったiMacに先立たれてしまいましたが、新しくMac Proを導入しました。OSも新しくなって、プロツールスも10から12になって、使い勝手も違うので毎日戸惑っています。 5月の頭にはLOW IQ 01さんのサポートとし

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第12回】

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第12回】

Written by 空想委員会
2017.06.19 Updated

三 浦 の 格 言 「アコギの魅力再確認」 「デフォルメの青写真」というアルバムをリリースし、それに伴って各地でインストアイベントツアーをやりました。今回はアコースティックバンド編成で演奏したのですが、これがもう本当に楽しくて気持ちよく演奏できました。 ギターを始めたときに最初に手にしたのはアコギ。弾き語りに熱中しました。そのあと友達とバンドを組んだときの担当パートもアコギ。ずっとアコギととも

a flood of circle 佐々木亮介の「ディグ・ディグ・ブルース」【第12回】

a flood of circle 佐々木亮介の「ディグ・ディグ・ブルース」【第12回】

Written by 佐々木亮介
2017.06.16 Updated

前回に続いてアメリカ南部編。テネシー州メンフィスにあるシャングリラ・レコードの話の続き。 メンフィスは、何しろ全米でも犯罪率トップクラスの街である。夜はうろつくべきじゃないらしいが、この店は外せない。それほど素敵なレコード屋だった。前回はロイヤル・スタジオで録音されたハイ・レコードの看板バンド=ハイ・リズムの「オン・ザ・ルース」を取り上げた。今回はロイヤルと対を成してメンフィスを代表するレコード・

シナリオアートの「ノウナイランド」【第18回】

シナリオアートの「ノウナイランド」【第18回】

Written by ハットリクミコ
2017.06.12 Updated

こんにちわ~!ノウナイランドへようこそ! シナリオアート Drum & Vocal ハットリクミコです! 無事にワンマンツアーも終え、これからに向けていろいろと考えているところであります。 ツアーに参加してくれたみなさん、本当に本当にありがとうございました!!! みんなのおかげで今まで感じられなかった、バンドそのものの力を再認識できたというか、シナリオアートというバンドがまたひとつ強くなれたなと

ハルカトミユキの「伝言ゲーム」【第24回】

ハルカトミユキの「伝言ゲーム」【第24回】

Written by ハルカ
2017.06.09 Updated

嵐のように半年が過ぎた。3rdアルバムが発売を迎えようとしている。夏がくる。 ハルカです。 夏がくると怪談が聞きたくなる。 そういった類いのものは大の苦手なのにどうしてか聞きたくなる。 この感覚は何なのだろうと不思議に思い色々と調べているうち、深みにはまった。 (悪趣味なのではなく歌詞を書く上で気になったからです。) すると「恐怖」と「不安」の違いにたどり着いた。 わかったことを極簡単に言うと 「

cinema staff 「萌えもemo」【第31回】

cinema staff 「萌えもemo」【第31回】

Written by 辻友貴
2017.06.01 Updated

今回はcinema staffの6枚目のアルバム"熱源"が5月17日に発売したということで、せっかくなんでそちらについて少し書きましょうか。(書いてる今は発売日前日)   6枚目のフルアルバムとなると、cinema staffをずっと聴いてくれてる人にとってはもう「そろそろいっか......いや追いきれねえよ!」なんて時期かもしれないし、初めて出会った人には「6枚も出してるのか......新しい音

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十三回】

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十三回】

Written by 岡峰光舟
2017.05.31 Updated

いや~、やっぱ最近時間の流れ早くないすか!?もう5月半ばですよ(書いてるのは)。これ掲載されてる頃は梅雨がどうたら、夏がなんたらって言ってんすよ。でも1月は長く感じたな~。なんなんだろうか。自宅で作業することが多かったからかなあ。時間の感覚ってなんなんでしょ。   前にも書いたかもしれんけど、誰かがなんかの法則ある、ってのを聞いて(テレビかなんか観て?)妙に納得したのがあんだけど、それをちょいと振

Brian the Sun 小川真司と田中駿汰の「しんしゅんワンコインキッチン!」【第6回】

Brian the Sun 小川真司と田中駿汰の「しんしゅんワンコインキッチン!」【第6回】

Written by 小川 真司(Gt/Cho) 田中 駿汰(Dr/Cho)
2017.05.19 Updated

さて始まりました! しんしゅんワンコインキッチン第6回! Brian the Sunギター小川真司と、ドラム田中駿汰が担当させていただいています。 今回はコラム執筆をドラムの駿汰、料理をギターの真司が担当したいと思います。 料理担当の真司くんは、今回、ツイッターで何を作るか募集したそうで、多かったのがデザートだったそうです。 というわけで、今回は「いちご大福」を作ります! まずはレシピを見てみまし